全国の子どもたちにオペレッタを持ってでかけます。オペレッタ劇団ともしび―日本児童・青少年演劇劇団協同組合アシテジ日本センター加盟
公演の感想

わ(和) 輪(わ) 笑(わら)い いっぱい!
ともしび劇場

 

<千葉県香取郡神崎町立神崎小学校の生徒さんより>


きつねの水あめがとってもおもしろいから、
いっぱいわらっちゃいました。(2年生)

 

きつねの水あめで、きつねがばあさまにばけて、ただとうめいのマントみ
たいなものをかぶせて、ばれないようにかくれてただけで、きつねだと気づ かれなかったことがおもしろかったです!! 

あまりにもおもしろかったので、 うしろにたおれてしまいました。

あんなにおもしろいげきはみたことがありません。
これからもいろんな人におもしろいげきをみせてください!! 
ありがとうございました。(2年生)

 

げきやお話やオペレッタ、ぜんぶすごかったです。おだんごのお話がよかったです。「どっこいしょ」っていって、たんこぶができて、「おだんごつくって」っていったあとどうなったのかがききたいです。

うたがすっごくきれいなこえだったので、わたしもそんなふうになりたいです。(3年生)

 

 たくさんのげきや歌を見せてくださり、ありがとうございました。
最後の劇は、とってもおもしろかったです。きつねが人のことを化かしていて、びっくりしました。(中略)とってもわくわくしました。

(3年生)

 

今日はとてもおもしろいげきを見せてくれて、ありがとうございました。とてもおもしろくて、笑いがとまりませんでした。

それに、体育館の中全体に、とても高い声や低い声が、とてもよくひびいていたので、とてもびっくりしました。

楽器をひく人や動きで表現する人たちも、とてもむずかしいと思うのに、とても上手なので、やっぱりスゴイなと思いました。

ぼくはみなさんのように楽器も上手じゃないし、とても高い声も低い声も出ないけれど、音楽の時間にしっかりと歌や楽器を練習して、みなさんのように上手にできるようにがんばりたいです。

(6年生)

 

今日はいろいろな劇を見せてくれて、ありがとうございます。

その中でも私がおもしろいと思ったものは「きつねの水あめ」と、手遊びの「もちつき」です。

「きつねの水あめ」では、音楽もすごかったし、大きな声で話せてすごいと思いました。私は大きな声で話すのが苦手なので、すごいなと思いました。

あと、お皿がわれたのを見て、どうやったのかな~と思いました。すごくおもしろかったです。私には妹がいるので、帰ったらやってみようと思います。(後略)(6年生)

 

<栃木県日光市立小百小学校の生徒さんより>


ぼくがオペレッタでおもしろかったところは、太郎と次郎がつぼの中の水あめを食べて喜んでいたけれど、本当はどろだったところです。

次郎は最初、大事なお皿を運ぶのがめんどくさそうだったけど、きつねにだまされておばさまの家で水あめを食べて元気になっていたから、食べ物が食べたかったんだなと思いました。大事なお皿はなべのふただったのでどこが大事なんだろうと思いました。
それから「お正月のもちつき」は、ゆっくりやるときはかんたんだったけれど、速くしてやったときはすごくむずかしかったです。

劇団の2人のおもちつきはすごく速くてびっくりしました。

ぼくも速くできたらやってみたいです。
それから「ありとはちとくも」で、くもがあめをひろって「雲から雨がふるからあめはくものものだ」というところがおもしろかったです。

はちはにしんをひろって、かけ算で2×4のにしんが八でにしんははちがたべてたところもおもしろかったです。(中略)
また「猿の仲裁」もおもしろかったです。

大きいねこと小さいねこがおにぎりの大きさのことでけんかをしていたとき、猿がきておにぎりを同じ大きさにするために猿が二つのおにぎりを少しずつ食べているうちにけっきょく猿が全部食べてしまったからです。

小さいねこと大きいねこがかわいそうだなと思いました。
ぼくは、オペレッタをたくさん楽しむことができました。

家の人にもどんなお話だったか聞かせてあげたら、喜んでくれたのでよかったです。(5年生)

 

 今回のオペレッタで一番面白かったのは「きつねの水あめ」です。

「最後にきつねをだました」と思ったら実は化かされていたというどんでん返しがとても面白かったです。

水あめを食べる動きや、そうじをする動きが本物みたいでした。どうやったらあんな演技ができるようになるのかとおもいました。

とてもたくさん練習をしてきたんだろうと思います。
歌もすごいなあと思いました。

緑の(着物の)人がとても高い声が出ていました。どうしたらあんなに高い音が出せるのかなあと思いました。

そして、ふつうは音が高くなればなるほど、音量が小さくかすれていくのに、緑の人は音が高くなっても音量は変わらず、かすれもしませんでした。高い音の音量が大きいと、はく力があって良いと思いました。

私も高い音がはく力のある大きな声で出せるように、練習したいです。
ピンクの(着物の)人の演奏もすごいなあと思いました。

三味線をひけるのがかっこいいと思ったし、鉄琴もふつうの鉄琴の音ではなく、日本風な感じの音がしました。

たくさんの楽器や音を使って劇を盛り上げていてすごいなあと思いましたあの音があってのオペレッタなのだと思いました。
とても貴重な体験が今回のオペレッタでできたと思います。

今日はいろいろなものを見て、聞いて、感じることができました。

今日、感じたことを忘れないようにしたいと思いました。

(6年生)

 
ページトップへ