うたごえ喫茶・ともしび9条の会

あなたもどうぞ!
うたごえ喫茶・ともしび9条の会
賛同者登録の呼びかけ

2004年6月10日、井上ひさし、梅原猛、大江健三郎、奥平康弘、小田実、加藤周一、澤地久枝、鶴見俊輔、三木睦子さんら9氏による「9条の会」が発足、「9条の会」アピールを発表しました。

このアピールは、「日本国憲法は、いま、大きな試練にさらされています」「平和を求める世界の市民と手をつなぐために、あらためて憲法九条を激動する世界に輝かせたい」と述べ、そのために「日本国憲法を守るという一点で手をつなぎ、『改憲』のくわだてを阻むため、一人ひとりができる、あらゆる努力を、いますぐ始めることを訴えます」と強く呼びかけています。

日本国憲法第9条は、人類が多くの戦争による悲惨な経験を通して獲得した戦争放棄の思想を、一国の憲法として具体化したものです。

戦後60年間、日本は、戦争放棄と戦力の不保持を規定した日本国憲法のもとで、他国に戦争を仕掛けることなく、また、戦争による一人の犠牲者も出さずに今日まで来ました。このことは9条の存在とともに世界でも広く注目され、今や9条は、国際社会を平和的に方向づけてゆく上での重要で実践的な指針のひとつとして高い評価を受けています

それにもかかわらず、こうした非戦の60年の尊さを無視し、9条を中心にこの憲法を変え、日本を再び戦争する国にしようとする動きがかつてない規模と強さで台頭して来ています。

このような中で、私たちは「9条の会」アピールを真剣に受け止め、この歴史的運動に参加したいと考えます。

うたごえ喫茶ともしびはその歴史も50年を越え、さらに未来に向けて歴史を作り出そうとしています。

この間私たちは、うたごえ喫茶の場を通じて実に多くの様々な人たちと出会い、心豊かな時間を共有して来ました。このことは現在の私たちにとってかけがえのない大切な財産となっています。また、今、うたごえ喫茶の文化はあらゆる壁を乗り越え、広く世界中に発信されようとしています。こうしたことの大きな土台として、戦後の新憲法制定、とりわけ9条の存在があることは間違いありません。

平和を守り、豊かな文化あふれる町を壊させないために、私たちは「うたごえ喫茶・ともしび9条の会」を立ち上げます。

私たち一人ひとりの力はとても小さなものですが、現在全国で3000をこえる「9条の会」の多くの人たちと力を合わせ、運動をすすめ、世論をひろげるならば、その力は改憲派によるくわだてを防ぎ、憲法を守る展望を切りひらく大きな力となります。

平和を愛し、うたごえ喫茶を愛するすべての皆さん、ぜひ「うたごえ喫茶・ともしび9条の会」に賛同をお寄せください。

うたごえ喫茶・ともしび9条の会

呼びかけ人:大野幸則(故人)、遠藤真奈
事務局:石垣美恵子、遠藤真奈

会の活動について

  • 平和コンサートによるアピール活動を中心とします。
  • 「うたごえ喫茶・ともしび9条の会」への賛同者を広く募り、日本国憲法9条を守る世論を広げます。「うたごえ喫茶・ともしび9条の会 賛同者」を作成し、賛同者の氏名を掲載します。(匿名も可です)
  • 活動資金はコンサート収入、賛同者を中心としたカンパなどで賄います。

賛同者登録について

申込用紙があります。うたごえ喫茶ともしびでの登録、又はお問い合わせからご請求ください。

お問い合わせ

 

 このページをSNSでシェアしよう!

投稿日:2019年1月18日 更新日:

Copyright© ともしびグループ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.