うたごえ喫茶 音楽企画 音楽文化集団ともしび

秋の大うたごえコンサート〜店長アルバム♪

投稿日:2019年11月26日 更新日:

ともしびの齊藤隆です。

11/24の「ともしび 秋の大うたごえコンサート」では、雨模様の中たくさんのお客様にご来場いただき、ほんとうにありがとうございました!

今年は歌声喫茶65年、そして私たちの「音楽文化集団ともしび」ができて50周年という大きな節目の年でありました。
そして奇しくも株式会社ともしびの代表の交代、そしてお店の移転をひかえているという、ひとつの時代の節目の時でもあります。

そんな、いろいろな意味での節目の年ということで、テーマを「ともしびを支えてきたもの、そしてこれから」と決め、様々なともしびの今のすがたを見て頂きながら、テーマにそった取組みにしようと企画しました。

そして、もちろん大いに歌い交わせる場として準備しました。

新しい力を集め、新旧力を合わせて、新しい時代に求められるともしびになれるよう、努力していきたいという想いを込めての今回のうたごえコンサート、皆様にはお楽しみいただけたでしょうか?

出演しながらで、あまり多くはないのですが、自分で撮ったり頂いた写真をご紹介します。
当日の雰囲気が伝われば幸いです!

また、別に撮影スタッフが撮ったものはあらためて公開しますので、お楽しみに!

♬秋の大うたごえコンサートアルバム〜(店長編)♬

開場前の、ロビー、受付、販売、場内、などのスタッフミーティングがあちこちで!
ともしびの団員、講座生、そして、青年スタッフ、総動員で、お客様に気持よく楽しんで頂けるように細かなところまで打合せました。

ロビーには、ともしびの歴史をクイズ形式にした、写真と解説の展示を出しました。

開演前、緞帳を上げるためのパフォーマンス。
オペレッタ劇団ともしびの「ともしびバラエティ劇場〜きつねの水あめ」より。
修ちゃんこと金指修平と、いっちゃんこと石垣美恵子の楽しい小芝居でスタートしました♪

そのころ、緞帳の裏では〜
コーラスメンバー、指揮者の清水正美、そしてアコーディオン合奏講座生、楽器隊有志のメンバーが、緞帳の上がるのを緊張感をもって待っていまいた!

1部の「山の歌コーナー」♪
ともしびの山男、中西明扮する山賊とアコーディオンの中西たみ子で「山賊の歌」♪

「手のひらの歌」を一緒に歌ってくれた、歌声喫茶「家路」のP子さん。初期のともしびを共に作ってこられた大先輩です。清水正美と一緒に!
なんだかふたりの雰囲気、似てますよね!

普段はなかなか見ることが出来ない、「オペレッタ劇団ともしび」の公演作品「トラの恩がえし」で、上演される朝鮮・韓国民族の大道芸。
そして、劇団のメンバーで歌い手のソン・ミョンファさんによる「アリラン」の弾語り。
どちらも、リハーサルの様子です。

1部の司会をつとめた石原美香。ステージの合間のひとコマです。
月曜と木曜日にともしびに来ると会えます♪
ともしびを支える団員のひとりです。

2部のステージ〜

第2部の、青年のステージ!!
ともしびに集まった2〜30代の若者10名による、「風になりたい」、そして「今日を忘れないでね」、2曲の演奏がありました。

この青年ステージについては、このグループのまとめ役をやってくれた、ひろせめぐみのブログに、詳しく書かれているので、ぜひご覧下さい。

まさに、ともしびの「これから」を作っていってくれるメンバー達です!

そして、もう一つの「これから」は、ともしびに新しい風を大いに吹かせてくれているベイビー・ブー。

実は10人の青年グループも、ほとんどがベイビー・ブーをきっかけにともしびを知ったメンバーなんです!

「うたごえ喫茶という文化を…僕たちは、次の世代へも引き継ぐべく、うたごえ喫茶という文化の一端を担えるようなグループとしてありたいです…」とリーダーのユウスケさんは、大野幸則著「うたごえ喫茶ともしびの歴史」の中で書いてくれています。
共に歌声喫茶の未来をつくっていく仲間です!

ベイビー・ブーのブログでも、この日のことを書いてくれました!ぜひ、ご覧下さい!

ともしびメンバー、お客様、ベイビー・ブーのみんなで「青春」を歌って踊って盛上がりました!

ラストは、出演者みんなで「シャンテ」の大合唱♬

ともしびがこれからも、様々な世代の人たちの中で、共に歌いあい生きあうことのできる、心温まる居場所であり続けられたらいいと思います。

これからも、ともしびをどうぞ宜しくお願いします!

-うたごえ喫茶, 音楽企画, 音楽文化集団ともしび

Copyright© ともしびグループ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.